1月1日更新

 

8月15日更新

 

音楽教室ナビ

♪♪ 打楽器 ♪♪

室蘭・登別市のピアノ教室・音楽教室・個人レッスン。

無料体験レッスン・出張レッスンも受け付けております。

ティンパニ  マリンバ  シンバル  タンバリン・タンブリン

トライアングル  大太鼓  小太鼓 

 【ティンパニ】

 

主に銅製であり、半球形の胴体に脚がついた大型の太鼓で、皮が張られた上面を通常2本のマレット(バチ)で叩きます。

太鼓の一種ですが、通常の太鼓は非整数倍音成分が多く、特定の音程を聴き取る事は困難で有るのに対し、ティンパニでははっきり音程を聴き取れる点が通常の太鼓と異なります。

 

 【マリンバ】

 

ピアノと同様の配列をした木製(ローズウッドやパドック)の鍵盤マレットと呼ばれるバチで叩いて演奏します。

音域は通常の4オクターブ(32音)から、80年代に5オクターブ(40音)をヤマハが開発し、世界に普及させました。

さらに近年、5オクターブ半(44音)の物や、アーチストモデルまで有り、理論上は6オクターブ(48音)まで拡張する事が可能です。

 

 【シンバル】

 

つば広帽子の形に比較的薄く伸ばした金属で出来た楽器です。

同じ物を2枚用意して互いに打ち合わせて演奏します。

 

 【タンバリン・タンブリン】

 

胴に小さなシンバルを付けた、極めて浅い小型の片面太鼓です。

 

 【トライアングル】

 

自由に振動できるように、開いていない角にあるいは金具を付けて吊し、金属の棒バチで打ちます。

専用スタンドに取り付けて演奏が出来るようにした物も有ります。

 

 【大太鼓】

 

大きさは直径70~100cmくらいまで有ります。

スタンドに縦にセットし、演奏時は打面をやや上向きに構え、フェルト素材などの大きなヘッドのマレット(バチ)で叩きます。

 

 【小太鼓】

 

他の太鼓と違い、上面だけマレット(バチ)で叩きます。